index

小学生~高校生を対象としたプログラミング教室の「講師育成」「講座開講支援」「講座運営支援」の各種サービスを提供いたしております。

教室運営の経験がない方、プログラミングの知識がない方でも、しっかりとサポートさせていただきます。また既に教室をご開業されているオーナー様からの各種のご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

こども向けプログラミング教室
開講支援サービス

運営経験ゼロ/プログラミング知識ゼロでも
「低価格」「短期間」での教室開講が実現できます

当センターの開講支援サービスで、プログラミング教室を開設してみませんか?
非フランチャイズ型の支援サービスですので、高額な加盟金・物件取得費・名称使用料は一切いただいておりません。「低価格」「短期間」にて開講を支援いたしますのでご安心ください。
「事業拡大」「新規開業」「副業」「家庭教室」など、どのような形態でもサポート可能です。

開業形態

<このサービスで実現できること>

  • プログラミング経験ゼロの先生でも教室が開講できます。
  • プログラミングをゆっくり勉強できない先生でも教室が開講できます。
  • 独自でカリキュラムや教材が作れない先生でも教室が開講できます。
  • 集客など教室経営に不安がある先生でも教室が開講できます。
  • 開講資金を多くかけたくない先生でも教室が開講できます。

私たちと一緒に子どもが楽しく学べるプログラミング教室を開講しましょう!

☆伸びる分野は「プログラミング学習」

ご想像の通り、こども向けプログラミング教育の市場規模は急速に拡大中です。
2019年に市場規模は100億円を初めて突破し、小学校でのプログラミング教育が必修化された2020年には140億円、さらに中学校でのプログラミング教育が必修化された2021年には176億円となりました。
2024年度からは大学入学共通テストに「情報」が教科として取り入れられることも決定しており、保護者の関心は今後さらに高まっていくことでしょう。そのため2025年には市場規模は400億円に到達することが予想されています。

2021年 子ども向けプログラミング教育市場調査
「2021年 子ども向けプログラミング教育市場調査」
https://www.gmo.jp/news/article/7268/



プログラミング教室
開講支援サービスの仕組み

講師育成~開講支援~運営支援までの
一貫フォロー制度をご紹介いたします。

[できるネット][まなぼネット]システム説明

☆[できるネット]講師育成システム

当センター独自開発の[できるネット]を使い、初心者の講師でもプログラミング力の基礎を身に付けていただくことが可能です。
「Scratch」「HTML/CSS」「JavaScript」「Python」4分野のコースを用意しており、いずれもオンラインにて1か月程度での技術習得が可能です。

開講支援研修
[できるネット]にてプログラム学習の各分野にお申込みいただいた方は、開講支援研修も無料で受講することができます。
教室運営業務、生徒募集業務など、教室開設に必要と思われる基礎知識についても研修を行います。
また同研修においては、『こどもの心理・健康維持』も学習していただくことが可能です。子どもの成長に対する理解がよりよい授業を運営していくために絶対に必要となります。

☆[まなぼライセンス]講師資格認定制度

[できるネット]を修了された方は、当センター制定の[まなぼライセンス]の資格取得者として認定されます。資格取得者は、ライセンスの有効期限中に任意のタイミングでプログラミング教室を開講できます。
※開講は義務ではありません。ライセンス取得時点ですぐの開講がご不安な場合には、しばらくご検討いただくか、既存のプログラミング教室への就転職相談も可能です。

認定証

☆[まなぼネット]授業支援システム

[まなぼライセンス]取得者だけが使える独自の授業支援システムです。
[できるネット]と同様に「Scratch」「HTML/CSS」「JavaScript」「Python」4分野のコースが用意されており、それぞれの講座を開講していただくことが可能となります。
講師は、このシステム内の予習動画で[できるネット]よりさらにレベルの高いプログラミングスキルを徐々に身に付けていただけます。そして身に付けた知識を基に教室での個別指導を進行していただきます。

  • 先生向けコンテンツ:授業予習動画/生徒学習状況管理
  • 生徒向けコンテンツ:学習動画/教材ダウンロード

各教室ではカリキュラムについても独自で考案する必要がなく、このシステム上だけで授業を運営していただくことが可能です。

☆[まなぼサポート]教室運営支援制度

「独立」「副業」「新規事業」「事業拡大」等、様々な教室運営の形態を想定しています。きめ細かいサポートを行うためマンツーマンでのコンサルティングも可能です。
その他にも、生徒募集のサポート、通信環境設定のサポートなど、教室運営の充実に向け支援していきます。

カウンセリング

☆各サービスのご利用イメージ

  1. [できるネット]で講師としてのプログラミング基礎力を習得
  2. [まなぼライセンス]を取得
  3. [まなぼネット]を活用した講座開設

これが各コースを開講するまでの基本的な順序となります。独自での開講準備にご不安がある方には、[まなぼサポート]の各メニューに沿ってのご支援も随時実施させていただきます。
現在のところ各教室で最大4コースの開講をご支援させていただくことが可能です。

できる→まなぼ連動イメージ

☆<講師のスキル習得>と<教室での開講コース増設>の連動イメージ

オーナー様にとって無理のないペースで、講座増設を順次進めていただくことが可能です。この表は、開講から9か月目に全4コースを開講させたいという場合のスケジュール例となります。

順次開講イメージ

ご入学された生徒さまが「Scratch」「HTML/CSS」「JavaScript」「Python」と順番に学習を進められた場合、おおよそ7年間継続して在学されますので、教室の経営安定化に大きく寄与することとなります。(週1回 70~90分の授業を想定)

プログラミング教室の多くは「Scratch」コースを開講しているものの、「HTML/CSS」「JavaScript」「Python」コースの開講例はとても少ないはずです。早めにコース増設を行っておくことで、他教室を修了した生徒さまの転入学にも期待できることになります。



こども向けプログラミング教室
開講時の収益シミュレーション

収益性抜群のこども向けプログラミング教室経営

☆「中規模型教室」1拠点あたりの収益モデル

 シミュレーションの前提

  • 3ヶ月目入学者2名。その後毎月2名の入学があり最大40名在籍まで増加を目指す。
  • 一人あたり平均月謝を12,000円と設定。
  • [できるネット]にて初年度に2分野、次年度に2分野の研修を受講。
  • [まなぼネット]にて平均2,500円/人のシステム使用料支払を想定。
  • 入学者一人あたりの広報費支出を5,000円と想定。
  • 設備維持等の諸経費として初月250,000円、以降各月10,000円の支出を想定。
  • オーナー自らが講師を行うものとして講師人件費は計上せず。

初期投資回収完了時期 12ヶ月目
必要開店資金 720,000円~1,000,000円程度
3年後利益見込: 税引前利益4,237,000円 3年目 73.6%

収支シミュレーション 中規模

※開講時の諸状況により変動いたします。本シミュレーションは利益を保証するものではありません。
※より詳細なシミュレーションを個別相談にて実施することができます。お気軽にご相談ください。

☆「小規模型教室」1拠点あたりの収益モデル

 シミュレーションの前提

  • 3ヶ月目入学者2名。その後毎月2名の入学があり最大20名在籍まで増加を目指す。
  • 一人あたり平均月謝を12,000円と設定。
  • [できるネット]にて初年度に2分野、次年度に2分野の研修を受講。
  • [まなぼネット]にて平均2,500円/人のシステム使用料支払を想定。
  • 入学者一人あたりの広報費支出を5,000円と想定。
  • 設備維持等の諸経費として初月200,000円、以降各月10,000円の支出を想定。
  • オーナー自らが講師を行うものとして講師人件費は計上せず。

初期投資回収完了時期: 12ヶ月目
必要開店資金: 670000円~1,000,000円程度
3年後利益見込: 税引前利益1,957,000円 3年目 68.0%

収支シミュレーション 小規模

※開講時の諸状況により変動いたします。本シミュレーションは収益を保証するものではありません。
※より詳細なシミュレーションを個別相談にて実施することができます。お気軽にご相談ください。

独自の「非フランチャイズ制」だから
加盟金不要/物件取得費不要

  • FC加盟金なし
  • 固定物件費なし
  • 売上マージンなし

☆当センターの開講支援サービスは「非フランチャイズ制」です。

  • 高額な加盟金等は一切不要です。研修費用・ライセンス取得費用・システム使用料のみで開講可能です。
  • 教室名は自由に設定できます。当センターの名称使用は強制いたしません。すでに学習塾や各種教室を開講中のオーナー様は、もちろん現在の商号・屋号にて教室を運営していただくことが可能です。
  • 新規に教室物件を取得していただくことは強制いたしません。既存の教室やご自宅、貸会議室など任意の場所で教室を運営していただくことができます。
  • 月謝等、生徒さまからの受講費用徴収額は、自由に設定していただくことができます。
  • 事業者様の運営方針/経営方針への関与は一切いたしません。ご希望の範囲内にてコンサルティングは実施させていただきますのでご安心ください。

☆他社様サービスとの特徴比較

こどもICT教育支援センター ロゴ A社 B社 C社
運営形態 FC加盟不要
※現在の商号や任意の商号にて開講していただけます
FC加盟 FC加盟 FC加盟
開発費用 研修講座受講料 150,000円~220,000円×希望講座
ライセンス発行料 20,000円
システム導入費 100,000円
2,500,000円
+固定物件費
加盟料不明
+固定物件費
1,500,000円
+固定物件費
運営費用 ライセンス更新 10,000円/1年
システム基本料 10,000円/1月
システム使用料 2,000-3,000円/1人
教材費
システム利用料
ほか不明
教材費
システム利用料
ほか不明
教材費
システム利用料
ほか不明
マージン なし 売上×10% 売上×20% 売上×20%
+1,000円(人)
講師の専門知識 当初は必要なし
【共学主義】
研修講座と授業支援システムで段階的にスキル習得を支援します
必要なし 必要なし 必要なし
開講コース Scratch
HTML/CSS
JavaScript
Python
PC操作
Scratch
ゲーム制作
ロボット
Scratch
ゲーム制作
ロボット
Scratch
Python


こどもICT教育支援センターの理念
先生と生徒が共に学ぶ「共学主義」

☆独自の教室運営理念「共学主義」

  • 当センターでは、「講師がプログラミングを学ぶ」→「生徒にプログラミングを教える」ということを繰り返していただくことで、質の高いプログラミング教室を運営していくことを目指しています。
  • 講師を希望される方には、まずは講師養成システム[できるネット]でプログラミングの基本のキを学んでいただきます。そして教室開講後には、授業支援システム[まなぼネット]の予習動画にて授業進行に沿った段階的なスキル習得を進めていただきます。
    講師を務めながら、最終的にはプロレベルのプログラミングを身に付けていただくことができるので、先生方ご自身も大きなキャリアアップができます!
ここが変だよ日本のプログラミング教室

FC型プログラミング教室の多くは、講師が本格的に「プログラミングを学ぶ」ことを放棄しています。本部から提供されるサンプル教材や映像コンテンツを、生徒に「自習」させるだけの教室運営が多く見受けられます。

これって、生徒たちにとって本当に良い環境と言えるのでしょうか?
こういう学習方法で生徒たちのプログラミングスキルが向上していくのでしょうか?

当センターの理念は、生徒も学び、そして先生も学ぶ「共学主義」です。先生にも多くの研修機会を設けています。プログラミング未経験の先生も、教室を運営しながらプロレベルのスキルが自然に身につくシステムを導入しています。

私たちは、生徒のキャリアアップとともに先生たちのキャリアアップも全力で応援します!

☆こども向けプログラミング教室の現状

  • 既存のフランチャイズ型プログラミング教室の多くは、「Scratch」などビジュアルプログラミング(プログラミング言語を用いずブロックの組み合わせ等でプログラミングを実現する)の習得、そしてその応用としての「ロボットプログラミング」を主な学習範囲としています。
  • ビジュアルプログラミングの学習目的は「プログラミング的な思考方法」の習得にあります。プログラミング学習の初期にこれを学ぶことで子どもたちの思考力が磨かれます。しかし残念ながら、ビジュアルプログラミングだけでは、生徒が社会で活躍するための「プログラミングの技術」は習得することができません。
    Scratch
    最も有名なビジュアルプログラミング学習ソフト「Scratch」
  • 生徒にもよりますが、学習開始から2年程度を経過した時点でビジュアルプログラミングの学習難易度が低く感じられるようになります。授業への満足感が低下し、退会率が上がり始めるのもこの時期です。

☆子どもたちには「社会で役に立つ」プログラミングを学んでほしい

HTML/CSS
  • 生徒の継続率向上と退会率の抑制のため、<ビジュアルプログラミング>を習得した後に学べる<実践的プログラミング>のコースについても順次開講することをおススメしています。
  • 全コースを開講された場合、最大7年間の生徒在籍期間を確保することができ、安定経営にも繋がります。
  • 子どもたちには「社会に出たときに使えるスキル」を身に付けていただきたいと考えています。数あるプログラミング言語から厳選し、当センターでは現在4つのコースでの講座開講を支援しています。
コース と 内容

ビジュアル
プログラミング

コードを使わない
プログラミング

Scratch コース
代表的なビジュアルプログラミングソフトです。デザイン表現やゲーム制作、アプリ制作、ロボット制御等ができます。小中学生がプログラミングの基礎を学ぶ最適なツールです。

実践的
プログラミング

コードを使った
プログラミング

HTML/CSS コース
ウェブサイトを構築するためのウェブデサイン言語です。CSSを使えばウェブサイトにより細かいレイアウトや装飾などを設定できます。ウェブサービスやアプリを作るための必須の知識です。
JavaScript コース
ウェブサイトやシステム開発だけではなく、ゲームやデジタルアート制作にも使われているプログラミング言語です。文法はシンプルで、学びやすく、はじめて本格的にプログラミング言語を学ぶ方にはおすすめです。
Python コース
人工知能の開発、データの処理・分析など、幅広く使われているプログラミング言語です。ウェブサービスの開発からロボット開発まで多くの分野で使われています。今のAI時代に学ばなければならないプログラミング言語の一つです。

☆当センターの運営ルール『キッズファースト』について

こどもに大人の希望を実現するための役割を担わせてはならない
大人はこどもが自己実現を叶えるための援護者に徹すべきである

大人の持つ知識や技能を子どもたちに強制的に模倣させる。当センターではそういった教育を全面的に否定しています。
ただ子どもたちが戸惑ったとき・迷ったとき、そんな時には大人が持つ知識や技能からほんの少しのヒントを提示していただきたいと考えています。
提示されたヒントをもとに、子どもたちが自発的に問題解決を図っていく。当センターではそういった教育システムを理想としています。

キッズファースト

☆学校現場におけるプログラミング教育

2020年より小学校におけるプログラミング教育が必修化されました。そして2021年には中学校、2022年には高等学校での必修化が進められます。
ただ多くの学校において、
■教員の指導力/指導経験の不足 ■授業時間数の不足
このような現状に直面しており、子どもたちが公教育だけで十分なプログラミングスキルを身に付けることは厳しいことと思われます。

☆IT人材の不足はますます深刻に

経済産業省の試算(IT人材需給に関する調査 平成31年)によると、2030年には最大79万人のIT人材の不足が見込まれています。社会の発展のために子どもプログラミング教室が果たすべき役割は大変大きなものだと言えるでしょう。

IT人材需給に関する調査/経済産業省
IT人材需給に関する調査(概要)/経済産業省
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

☆プログランミングフェスティバルの運営実績

当センターの母体である未来学校プログラミング教室(大阪市都島区)と株式会社キャスト・ワークス(大阪市北区)は、2017年より開始した『Programming Festival』を協賛各社と共に支援しています。主催者事務局も当センター内に設置させていただいております。
プログラミングフェスティバルは、子どもたちに学校現場で使える教材を制作していただいたり、SDGsなど社会課題の解決に向けての提案をしていただくイベントです。
今後開講される教室の皆さまとも一緒に、フェスティバルを盛り上げていきたいと願っております。
Programming Festival 2021

☆高校生起業スタートアップサポート(計画中)

こどもICT教育支援センターでは、高校生の起業を応援するプロジェクトを計画中です。
学んだプログラミング技術を活用し、次のステージへ進むお手伝いをさせていただく予定です。
起業を通じ学校で学べない生きる力を手に入れられるはずです!
独自のスタートアップサポートプログラムを利用すれば誰でも挑戦できます。本格的なプログラミング技術を使って社会課題の解決に挑みましょう。 失敗を恐れず思い切って挑戦しましょう。



プログラミング教室
開講支援サービスの詳細

当センターでは、
サービスの提供価格を明示しています

1. プログラミング講師育成 専用システム[できるネット]

プログラミング未経験の方、スキルに自信がない方のために短期間で基礎力を身に付けていただくためのコースです。このコースを修了することで当センターの講師資格[まなぼライセンス]を取得していただくことが可能となります。

※一定の実務経験・業務経験等により、当コースの受講なく[まなぼライセンス]を取得していただける場合もあります。詳細は次項をご確認ください。

プログラミング講師育成 専用システム [できるネット]
開講支援研修 受講費用: 110,000円(税込)
※「できるコース」いずれかを受講申込された方は無料で受講可能
 (ただし2021年12月までは当研修のみの単独受講不可)
できる Scratch コース 受講費用: 165,000円(税込)
受講期間: 1ヶ月(受講後5ヶ月間の聴講可能)
できる HTML/CSS コース 受講費用: 165,000円(税込)
受講期間: 1ヶ月(受講後5ヶ月間の聴講可能)
※2022年1月開講
できる JavaScript コース 受講費用: 242,000円(税込)
受講期間: 1ヶ月(受講後5ヶ月間の聴講可能)
※2022年3月開講
できる Python コース 受講費用: 未定
受講期間: 1ヶ月(受講後5ヶ月間の聴講可能)
※2022年8月開講
●受講申込
受講申込書を提出ください。

●受講料納入
・受講代金は、受講申込後7日以内(受講開始日まで7日未満の場合は受講開始日前日まで)での前納をお願いします。
・原則一括払いをお願いしておりますが、分割納入をご希望される場合はスタッフまでご相談ください。
・受講申込後のキャンセル、および納入された受講料の返金は、如何なる事情があっても行いません。

●複数コース受講割引
2コース目以降の受講費用は各21,000円(税込)割引となります。

●入学時期
・各コースとも随時入学です。
・受講申込後の直近のタームより受講可能です。

2. 講師資格認定[まなぼライセンス]

[まなぼライセンス]有資格者は、プログラミング授業支援 専用システム[まなぼネット]を利用してのブログラミング教室開講が可能となります。

講師資格認定 [まなぼライセンス]
種別 まなぼ Scratch ライセンス
まなぼ HTML/CSS ライセンス
まなぼ JavaScript ライセンス
まなぼ Python ライセンス
価格 初回発行料: 21,000円(税込)
更新料  : 毎年11,000円(税込)
※複数分野のライセンスを保持されている場合も、同額となります。
※年次途中での分野追加においても更新料は不要です。
資格要件 ■[できるネット]修了生
できる Scratch コース 修了 → まなぼ Scratch ライセンス 取得可能
できる HTML/CSS コース 修了 → まなぼ HTML/CSS ライセンス 取得可能
できる JavaScript コース 修了 → まなぼ JavaScript ライセンス 取得可能
できる Python コース 修了 → まなぼ Python ライセンス 取得可能
※コース修了とは、[できるネット]の受講期間(聴講期間を含む)において全チャプターの学習を完了することをいいます。
※ライセンス発行を希望される方は、コース修了後1年以内に申請をお願いいたします。
※ライセンス発行ならびに更新は、申請をされた方に対してのみ行うものとします。

■[できるネット]が受講免除とされる要件
・各分野における指導経験が通算1年もしくは40講義以上ある方
  または
・各分野におけるプログラミング技術を有する方のうち面談で承認された方
資格取得者名義 ■法人の場合(1. 2. を選択)
1. 法人名+個人名
2. 個人名のみ

■個人の場合
個人名
●取得申込
取得申込書を提出ください。
※1年ごとの自動更新となります。更新の申込は必要ありません。

●ライセンス料納入
・初回取得は、取得申込後7日以内の納入をお願いします。
・更新料は、更新期限の7日前までの納入をお願いします。
※更新の意思確認については事前にご連絡させていただきます。

3. プログラミング授業支援 専用システム[まなぼネット]

プログラミング授業の運営を全面的に支援するシステムです。当システムには、講師がポイントを学びスムーズに授業を進行するための「予習動画」や、生徒が制作に取り組みための「学習動画」や「教材ダウンロード」機能が搭載されています。また教室側ですべての生徒の学習状況を確認できる機能もございます。教室側でカリキュラムを考案する必要もありませんので、講師は指導に専念していただくことができます。

プログラミング授業支援 専用システム [まなぼネット]
利用可能分野 [まなぼライセンス]を取得された分野に該当する[まなぼネット]を利用できます。

まなぼ Scratch ライセンス 取得 → まなぼ Scratch コース 利用可能
まなぼ HTML/CSS ライセンス 取得 → まなぼ HTML/CSS コース 利用可能
まなぼ JavaScript ライセンス 取得 → まなぼ JavaScript コース 利用可能
まなぼ Python ライセンス 取得 → まなぼ Python コース 利用可能
料金 初期設定費: 110,000円(税込)/1拠点 ※初回のみ
月額基本料: 11,000円(税込)/1拠点
月額利用料:
まなぼ Scratch コース 2,200円(税込)/生徒1人
まなぼ HTML/CSS コース 3,300円(税込)/生徒1人 ※2022年1月サービス開始
まなぼ JavaScript コース 3,300円(税込)/生徒1人 ※2022年3月サービス開始
まなぼ Python コース 3,300円(税込)/生徒1人 ※2022年秋ごろサービス開始
課金単位 ・個人/法人問わず、同一住所にて開かれる教室を1拠点とみなします。
・拠点ごとに1 IDを発行いたします。
・基本料金はIDごとに発生いたします。
・基本料金は使用コース数が増加しても同額です。
[まなぼライセンス]
取得者の適正配置基準
・[まなぼネット]を利用される場合、概ね3拠点につき1人以上の[まなぼライセンス]取得者を配置をお願いします。
・転勤・退職等によりライセンス取得者が適正に配置できない場合は、2ヶ月以内に代替要員の[まなぼライセンス]取得をお願いします。
・代替要員が[できるネット]での学習により[まなぼライセンス]を取得される際は、[できるネット]受講料を正規受講料金の半額と設定いたします。
●利用申込
利用申込書を提出ください。
※利用申込は初月のみ必要となります。
※利用開始以降は月ごとの自動更新となります。更新の申込は必要ありません。

●利用料納入
初期設定費:
初期設定費は、利用申込後7日以内の納入をお願いします。
月額基本料・月額利用料:
利用月の翌月10日(10日が当社休業日の場合は翌営業日)までに、管理画面にて確定請求金額を通知します。利用月の翌月20日(20日が金融機関休業日の場合は翌営業日)までの納入をお願いします。

4. プログラミング授業支援[まなぼサポート]

「独立」「副業」「新規事業」「事業拡大」等、様々な教室運営の形態を想定しています。生徒募集のサポート、通信環境設定のサポートなど、教室運営の充実に向け支援させていただきます。きめ細かい支援を行うためマンツーマンでのコンサルティングも可能です。

プログラミング授業支援 [まなぼサポート]
運営コンサルティング ★通常コンサルティング
<開講2か月前~開講2ヶ月後>
zoom・来社相談: 2時間/月まで無料
メール相談: 10項目/月まで無料(システム内ツール利用)
<開講3カ月後以降>
zoom相談・来社相談: 1時間/月まで無料
メール相談: 3項目/月まで無料(システム内ツール利用)

★追加コンサルティング
zoom・来社相談: 5,500円(税込)/時間
メール相談: 1,100円(税込)/項目(システム内ツール利用)
※出張相談は別途相談
生徒募集サポート ★教室サイト作成
標準制作料金: 33,000円(税込)
維持管理費: 22,000円(税込)/1年
※独自で制作不可能な場合に承ります。
※サイトは弊社ドメイン内で運用いたします。
※利用料にホスティング費用を含んでいます。

★募集チラシ作成
利用料金: 無料
※当社作成のチラシデータを各教室にてダウンロードし加工してください。
※当センターでの加工・印刷を希望される場合は、別途お見積りとさせていただきます。

★募集チラシ配布
利用料金: 実費(印刷代・加工代・配布費用)
※詳細未定 パッケージ化して選択利用

★プログラミング教室ポータルサイト掲載(準備中)
利用料金: 原則無料
※当サービスは現在検討中のものであり、変更となる場合があります。
※教室検索サイトを作成し、教室データベースを掲載する予定です。
通信環境サポート ★IP電話開通サポート
利用料金: ※別途お見積り(開通料・回線使用料・通話料など)
※新たに事業用電話番号を取得希望の場合のみご相談ください。
※装置を必要としないクラウド型PBXを導入しますので初期費用・通話料ともに大幅に節約できます。

★設備機器コンサルティング
家庭内/法人内ネットワークと教室ネットワークの設定等
利用料金: ※別途お見積り
※ネットワーク設定がご不安な場合はご相談ください。
※ネットワーク内の重要データに講師・生徒が誤ってアクセスすることのないよう、ルータ設定等をサポートさせていただきます。
人材サポート ★就職・転職相談(準備中)
教室開講ではなく、既存教室への就転職を希望される方を対象とします。
利用料金:無料
安全運営サポート ★施設内傷害保険加入仲介(準備中)
利用料金: 保険料実費
※教室内での事故補償等がご不安な方には、提携保険会社より施設内保険のご案内をさせていただきます。

★小児救急救護法講習
(準備中)
受講料金: 20,000円程度を想定
※当サービスは現在検討中のものであり、変更となる場合があります。
※緊急時の応急措置、心肺蘇生法などについて、専門講師による研究会(1日程度)を予定しています。
※ご希望者のみの参加となります。
●利用申込
各サービスのご利用希望日までに電話・メール・事務局へのご来所等でご連絡してください。

●利用料納入
利用月の翌月10日(10日が当社休業日の場合は翌営業日)までに、請求書にて確定請求金額を通知します。利用月の翌月20日(20日が金融機関休業日の場合は翌営業日)までの納入をお願いします。


経営実績豊富なプロフェッショナルが
運営している支援サービスです

当センターは、未来学校プログラミング教室(大阪市都島区)と株式会社キャスト・ワークス(大阪市北区)両社の協力において運営されています。

中山 涼一

中山 涼一(なかやま りょういち)

こどもICT教育支援センター センター長

2014年に関西初のこども向けプログラミングスクール「未来学校プログラミング教室」を開講し、Scratch・Webアプリ・Webサービス開発・iPhoneアプリ開発・IoT・人工知能AIの各コースを展開。
「一般社団法人センセイワーク」代表理事として小中学校教員へのプログラミング教育支援にも積極的に取り組んでいる。

未来学校プログラミング教室(大阪市都島区) 代表
一般社団法人センセイワーク 代表理事
日本学生IT研究学会 会長
Programming Festival 実行委員長

進藤 整是

進藤 整是(しんどう まさし)

株式会社キャスト・ワークス 代表取締役

2000年に社会人・学生を対象とした福祉系国家資格スクールを共同設立。関西を本拠に、2年目には首都圏、その後東海圏へと最大13校への商圏拡大を実現した実績を持つ。
講座企画・募集営業・広報・IT化推進・総務・フランチャイズ形成など、学校経営の中核業務に精通するスペシャリスト。

株式会社キャスト・ワークス 代表取締役社長
特定非営利活動法人手話技能検定協会 非常勤理事
Programming Festival 実行副委員長

☆当センターモデル教室 2014年開校!関西初のこども向けプログラミング教室

未来学校プログラミング教室
当センター長・中山涼一が運営するプログラミングスクールです。
2014年関西初のこども向けプログラミングスクールとして大阪市都島区にて開校。10年後にも使える本格的なプログラミング技術を学べる教室です。
Webサービス、iPhoneアプリ、人工知能(AI)、IoT、ロボットを研究開発できます。
当センターの支援サービスは、同教室において積み上げられてきた運営ノウハウをベースに設計されたものです。

未来学校プログラミング教室


開講までのイメージ

開業までのイメージ

当センターのこども向けプログラミング教室開講支援サービスにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

  • 開講を具体的に検討してみたい
  • 今すぐ開講できるか分からないけど説明を聞いてみたい
  • サービスの内容で分からないことがある

そんな場合は、まずは以下のいずれかの方法にて当センターまでご連絡をお願いいたします。
お急ぎの場合、最短2カ月程度での開講プランもご用意させていただきます。
お急ぎでない場合、カウンセリング等を重ねながら、決心ができた段階で開講をしていただくことも可能です。 ご事情に合わせてコンサルティングをさせていただきますので、どうぞ安心してください。

ご質問がおありですか?

■「資料請求」
まずはサービスの資料を見てみたい。そういう方におすすめです。
資料をご請求ください。(パンフレット資料は郵送のご希望も承ります)

資料請求 : https://iesk.net/request

■「説明会」
当センタースタッフに直接話を聞いてみたい。そういう方におすすめです。
原則的にZoom Meeting となりますが、ご希望の場合は事務局へのご来所も承っております。
※Zoom Meeting は個別説明会が基本ですが、混雑時は複数名(最高5名をメド)での説明会となる場合があります。予めご了承ください。

説明会予約 : https://iesk.net/booking

■「個別相談」
いつでも承っております。
以下のいずれかでご連絡をお待ちしております。

お問い合せ : https://iesk.net/inquiry
メールアドレス : info@iesk.net
電話番号 : 050-8881-6700
LINE公式 : https://lin.ee/hWoIBZb

こどもICT教育支援センター LINE公式アカウント


FAQ