プログラミング教室の事業計画・収支計画の重要性とは?

プログラミング教室の事業計画・収支計画の重要性とは?

教育事業では、どのような理念で、どのような目標をもって事業を進めていくのか。オーナー様の明確な経営指針が必要です。
特に教育事業を通じて社会に何を貢献するのか、子どもたちの成長のためにどのような方針で教育を行うのか、そういった明確な提示がなければスタッフが一丸となって教室運営を進めることができません。
複数のスタッフで教室運営を行う場合には、必ずオーナー様の手で事業指針を策定され提示されることをお勧めいたします。

事業指針の浸透の他に、資金力に不安の大きい中小・零細の事業者にとっては、収支計画の立案も大切なこととなります。いくら良い理念を掲げていても、収支が安定しなければ事業は継続できません。

収支計画を立てる理由は、

  • 事業そのものに採算性があるのか
  • 初期投資費用をどの程度準備すれば良いのか

こういったことを正確に把握するためです。
また事業の開始後には、収支計画通りに事業が成長しているのか定期的なチェックが必要です。そして状況により収支計画を上方修正/下方修正していくことも必要です。
定期的なチェックを行わなければ、どんぶり勘定で成り行き任せの経営になってしまいます。

<収支計画を立てる際に必要な事項>

教育事業での収支計画の立案時には、おおよそ以下のような項目を設定しておけばよいでしょう。

収入の項目:

  • 入会金や受講料
  • 関連サービス(教材販売など)

支出の項目 :

  • 設備費維持費(家賃や光熱費等)
  • 器具備品代
  • 広報費
  • 人件費
  • 通信費
  • サービス利用料(フランチャイザー等への支払い)
  • 諸経費

各項目の金額入力を行う際には、「収入は少なめに」「支出は多めに」との心がけで予測しておくことが必要です。
設立後半年程度は、生徒募集に苦戦したり、思いがけない設備投資が発生することもあります。そういった事態を予め見越しておくことで、予想外の収支のブレにも臆せず経営を行うことができます。

上記を設定した後は、月次・年次毎の収支予測もしっかりと見ておきましょう。
どのような事業でも、初期投資が一定程度必要となり、その後年月を経てその初期投資を回収していくことになります。

収支予測を見る際には、

  • 月次の収支が黒字になるのは何か月後なのか
  • 累積収支がプラスになるのは何か月後なのか

ということに着目しましょう。

特に累積収支の動向予測は大切です。
開業後の一定期間(平均的に開業後1年程度)は、収入<支出という状態が続きますので、累積収支はしばらくマイナスへと向かっていきます。
その後単月収支がプラスに転じた段階から、累積収支はプラス方向に転換いたします。
累積収支がマイナスのピークを迎えたときの金額が、すなわち開業時に準備すべき資金となります。

<収支計画書のサンプル>

※表がすべて表示されない場合は右方向(→)にスクロールしてください。

経過月数 1 2 3 4 5
入会者数 新規入会 *** *** *** *** ***
退会 *** *** *** *** ***
在籍者数 (A) 5 8 11 14 17
収入 入会金 *** *** *** *** ***
月謝収入 (A)*月謝設定額 *** *** *** *** ***
合計 50000 80000 110000 140000 170000
支出 設備費維持費 *** *** *** *** ***
器具備品代 *** *** *** *** ***
広報費 *** *** *** *** ***
人件費 *** *** *** *** ***
通信費 *** *** *** *** ***
サービス利用料 *** *** *** *** ***
諸経費 *** *** *** *** ***
合計 300000 50000 30000 30000 30000
月次収支 -250000 30000 80000 110000 140000
累積収支 -250000 -220000 -140000 -30000 110000
累積収支最大マイナス -250000 ←開業に際し準備が必要な資金

<収支シミュレーションのご依頼について>

当センターでは、プログラミング教室開業支援サービス「P-KIT」のご利用を検討中の方のために、収支予測シミュレーションを無料で提供いたしております。
シミュレーションをご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

mail: info@iesk.net

進藤 整是

こどもICT教育支援センター 運営会社代表

国内最大級の福祉系資格スクール経営経験20年。講座企画・募集営業・広報・IT化推進・総務などスクール経営の中核業務に精通したスペシャリスト。

プロフィール