プログラミング教室開業「これだけは知っておきたい27の常識 (3)」

プログラミング教室開業 これだけは知っておきたい27の常識

プログラミング教室開業 これだけは知っておきたい27の常識

第3章
プログラミング教室のカリキュラムと制度について

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (1)

カリキュラムはどうやって作る?

プログラミング教室開業の常識14

学習塾での通常の教科指導では、長年培われてきたカリキュラムがノウハウとして蓄積されてきています。
先生方はカリキュラム構築にはそれほど悩むことなく、腰を据えて教科指導に専念していくことができます。

その一方で、プログラミング教育の歴史は浅く、どのような順番でどのような方法で指導を行うのか、
まだまだ確立がなされていません。

そういった状況ですので、プログラミング教室の運営経験のない方、プログラミング指導の経験のない方が、
自分の力だけでカリキュラム開発を行うのは、とてもハードルが高いことだと思います。

ハードルが高いと申しますか・・・ハッキリ申し上げますと、かなり無謀な行為です。
工夫すればカリキュラムの「形」だけは作れるかもしれませんが、教育効果は・・・期待できないレベルになるでしょう。

新規開業をされる際には、当センターや他社FCサービス様のような開業支援事業者をご利用なされることをおススメいたします。

プログラミング教室での講師ミーティング

プログラミング教室での講師ミーティング

ちなみに、当センターの提供するカリキュラムは、モデル教室「未来学校プログラミング教室」にて開発しています。
教室は、関西最初(当センター調べ)のプログラミング教室として2014年に大阪市都島区に生まれました。
開設直後から数々の実証試験を行いながらの開発を継続しており、常時バージョンアップにも取り組んでいます。

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (2)

良質なカリキュラムとは?

プログラミング教室開業の常識15

子ども向けプログラミング教育の市場は、2016年ごろから急速に拡大してきました。
プログラミング教育必修化の方針が明確になって以降、大手の教育機関が軒並みFCチェーンの構築を始めました。

各社がシェア確保を急ぐ中で、「カリキュラムの充実」という方向性にブレが生じてきているのではないか?
私個人としてはそこに大きな違和感を抱いております。

多くの教室で教えているのは、
Scratchなどのビジュアル型プログラミング(言語ではなく、画面上のブロックの移動などでプログラミングを行うこと)だけです。
そして、そこから派生してのロボット操作についてです。

その分野のみに特化している教室が、何と全体の80%を占めています。
※下の図は再掲になります

プログラミング教室で教える内容

<参照>
「コエテコ」×船井総合研究所
2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査

ビジュアル型プログラミングを否定しているわけではありません。
いわゆる「プログラミング的思考(※1)」を育むには最適なツールですし、何より子ども自身が試行錯誤をしながら、楽しく取り組めるということが一番の魅力でもあります。

ただ、実社会でビジュアル型プログラミングのスキルは役に立たない。その事実は直視したほうがいいですよね。

ビジュアル型プログラミングで「プログラミング的思考(※1)」をゆっくりと育み、
そしてその後に、徐々に次のステップであるテキスト型プログラミングのスキル習得に向けて進んでいく。
そんなバランスの取れたカリキュラムを導入することが重要だと思っています。

プログラミング教室の理想のカリキュラム
プログラミング教室の理想のカリキュラム

こどもICT教育支援センター
サポート教室のカリキュラム例

これからの時代、地域のプログラミング教室は増えていきますので、保護者の比較調査の目も肥えてくるはずです。
差別化のためにも、「他教室と同じようなカリキュラム」から脱却していくことへの意識も必要だと考えています。

(※1)「プログラミング的思考」とは

子供たちが将来どのような職業に就くとしても時代を越えて普遍的に求められる「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力)を育むため、小学校においては、児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動を計画的に実施することとしている。

文部科学省『学習指導要領解説』より

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (3)

生徒の退会を防ぐための工夫とは?

プログラミング教室開業の常識16

前章にて、プログラミング教室のカリキュラムの実態についてお話をさせていただきました。

多くの教室がビジュアル型プログラミングやロボット制作を導入しているのには、それなりの理由があります。

1.講師がプログラミングができなくても、映像教材で指導を代行できる
2.制作した作品が可視できて分かりやすいので、保護者の満足が得られやすい
3.技術的なハードル・言語習得のハードルが低いので、低学年の子どもたちでも楽しく学べる

特に入会営業では、2.の保護者ウケこそが大事なポイントとなってきます。
入会者数確保を重視した場合、やはりビジュアル型プログラミング、特にロボット分野のカリキュラムを運営する意義は大きいですね。

ただ教室の安定経営に向けては、以下の数式も意識しておく必要はあります。
在籍生徒数 = 既存生徒数 + 新規生徒数 - 退会生徒数者
そして当然のごとく、教室の受講料収入は、在籍者数 × 月謝金額で決まります。

スクール経営における生徒数と収入の相関
スクール経営における生徒数と収入の相関

ビジュアル型プログラミング講座、特にロボット制作分野の最大の弱点は、
子どもたちの教室在籍年数が比較的短い、すなわち退会者が多くなる傾向もあるということです。

思考力の発達している子どもの場合、数ヶ月間で色々な操作を覚えてしまい、退屈になってしまうこともあります。
また加盟チェーンによっては、ロボットに増設するツール等で教材費が徐々に膨れ上がることもあります。
早期退会が頻発している教室の場合、その原因はほぼこの2点に集約されます。

どんな事業においても、経営の王道はリピーターを増やすということです。
リピーターが多ければ集客コストが下がり(広告宣伝費などの経費が不要)、利益率が向上します。

このことを教育事業で例えるならば、月次の入会を増やしつつ、継続学習者も増やすことが大事です。
そのためには、生徒が学習に飽きず、継続学習をしたくなる。そんなカリキュラムを導入することが大切です。

ちなみに当センターのサポートカリキュラムでは、
Scratch(2年)・HTML/CSS(1年)・JavaScript(2年)・Python(1年)というように、
子どもたちが継続して飽きずに学習することを重視して設計いたしております。

プログラミング教室 開業研究セミナー
プログラミング教室 開業個別相談

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (4)

生徒の早期入会のための工夫とは?

プログラミング教室開業の常識17

子どもの関心と言うのは、熱しやすく、また冷めやすいものですよね。

いや、子どもだけではなく大人も同じですかね。
わが家の押し入れには、私が数年前に急に熱を上げて集めた鉄道模型が今や放置されており、妻に怒られています。

すみません。話が脱線しました。

プログラミング教室の新規受講者の確保では、
「人の情熱は放っておくとすぐに冷めてしまう」そのことも頭に入れて準備しておく必要があります。

・友だちが通っていて楽しそうだから
・学校の授業で少し体験してみて楽しかったから
・YouTubeで見て楽しそうだったから

子どもたちの心はとても正直です。
ちょっとしたきっかけで、「プログラミングを習いたい!」という意欲が急激に膨らみます。

プログラミング教室の学習風景

大事なのはタイミングを逃さないことです。
子どもたちの意欲が膨らんだまさにその瞬間を捉え、その熱が冷めないうちに短期間で入会に結び付けるための制度作りが大切です。

そのための募集形態のポイントは二つです。

随時入学制度

月次ごとに入学者を受け入れる(毎月入学を可能にする)。

開業当初で定員に余裕がある場合は週次ごとでも構いません。
この場合、入学月の月謝計算に端数が生じてしまいますので、その分を無料にするというサービスもありですよね。

個別指導制度

個人の進度に合わせた少人数制指導を導入しましょう。
一コマの同時学習者を、講師一人につき3~6名程度とすることをおススメします。
各生徒のパソコンを見て回り、制作状況を見ながら指導を行いましょう。
進度の遅い子どもたちへの目配りは特に大切です。適宜声掛けをして、時には一緒に考え。丁寧な指導を行って下さい。

この2つの制度は必ず作られたほうがいいと思います。
好きな時期に入学ができる。そしていつ入学しても進度に遅れたり取り残されることがない。
そのような募集形態を採用されることをおススメします。

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (5)

子どもたちはとても忙しい

プログラミング教室開業の常識18

もう少し学習制度についてのお話を続けます。

子どもたちに継続的に学習を続けてもらうには、通学制度の細やかなルール作りも大事になってきます。

特に、今の子どもたちは「とても忙しい」状況にあるということを認識しておきましょう。
週の大半を習いごとに費やしている子どもが大半を占めているということを理解しておきましょう。

多くの子どもたちは、学習塾に通っています。
学齢にもよりますが、一般的な学習塾では週1回~3回程度が標準的な通学回数でしょう。

またスポーツに積極的に取り組んでいる子どもたちもいます。
サッカー・野球・バスケットボール、こういった団体競技の場合は、最低でも週3回はトレーニングやゲームがあるはずです。

子どもの習いごと

子どもたちが他の習いごとや行事とプログラミング学習を両立できるよう、制度面からカバーしてあげましょう。
最低限、以下の二つの制度は用意しておくべきだと考えています。

曜日振替制度

突然の用事などで通学できなかった日を1日単位で振り替えられる。

休学制度

夏期講習など月単位での休みができるようにする。
※短期間で復学した場合には再度の入会金負担はゼロにする。

プログラミング教室のカリキュラムと制度について (6)

保護者とのコミュニケーション

プログラミング教室開業の常識19

保護者へのサポート体制の整備も忘れないようにしましょう。

・野球・サッカー・水泳などのスポーツ
・ピアノ・習字などの技芸
・英会話などの語学
これら多くの習いごとでは、保護者自身がわが子の上達を明確に把握することができます。

しかしプログラミング教育では、プログラミング経験のない保護者が大半を占めます。
そのため保護者にとっては、わが子のスキルが上達しているのか/上達していないのか、把握しづらいという特性があります。

保護者に子どもたちの成長を理解していただくために、何らかの仕組みを意図的に作っておく必要があります。


いくつかの事例を紹介しておきます。
すべてを取り入れる必要はありませんが、教室ごとの事情に合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

< 取り組みの事例 >

保護者との対話

・対面での面談
・電話での会話
・SNSでの会話
・オンラインでの会話

授業見学会

保護者と子どもの共同制作など

発表会

子どもによる制作作品のプレゼンなど

コンテストへの参加

外部団体が主催するコンテストへの参加など

コンテスト入賞

保護者の信頼を得ることは、生徒の退会率を抑え、そして在籍期間を長く保つために、決して欠かせない要素です。
プログラミング教室だけでなく、子ども向けの各種教室では、保護者サポートへも全力で取り組みたいものですね。


Programming Festival

当センターの共同運営会社2社( 未来学校プログラミング教室 / 株式会社キャスト・ワークス )は、2017年度より『Programming Festival』を共同開催しています。

この大会は、過去5年の開催でのべ参加者が400名を超える大規模なプログラミングコンテストです。以下の2つの分野にて参加が可能です。

●教科部門
学校の各教科で今まで習ったこと/これから習うことについて、その教材をプログラミング技術を用いて作成する。

●社会課題解決部門
SDGsの掲げる17の目標のうち1つ(複数でも可)を選び、具体的な課題とその解決案となるプログラムを創作する。

こういった大会にご参加いただくことで、子どもたちの学習意欲を高めていただくとともに、保護者様にも日頃の学習成果をご確認いただけるのではないかと考えております。

プログラミング教室 開業研究セミナー
プログラミング教室 開業個別相談

  • 生徒と一緒に制作アイデアを探す
    生徒と一緒に制作アイデアを探す ある日、Scratchを学んでいる生徒に、「ここまで勉強しましたので、じゃ、好きなゲームを作ってみてください。」と話しました。しかし、15分経っても制作が始まりませんでした。「どうしました
  • 取ったほうがいい資格って、ありますか?
    取ったほうがいい資格って、ありますか? 塾生の親から、資格についての相談を受けることがあります。特に、大学受験や今後の就職を意識している高校生の親からのご相談が多いですね。 IT資格、またはプログラミング資格は本当に必要
  • 講師の指導力を向上するにはどうすればいいでしょうか?
    講師の指導力を向上するにはどうすればいいでしょうか? プログラミングに限らず、人に教える立場になると、指導力が求められます。説明しないといけない内容は、自分では理解していますが、どのように生徒に説明すればいいか、また自分
  • 教室ご紹介 日よう日の寺子屋 様
    こどもICT教育支援センターのプログラミング教室開業支援サービスをご採用いただいた、プログラミング教室をご紹介いたします。 認定講師のトーちゃん先生は、プログラミング教育へとても熱い思いを持っていらっしゃる先生です。教科
  • 教室ご紹介 竜之口ICTスクール 様
    こどもICT教育支援センターのプログラミング教室開業支援サービスをご採用いただいた、プログラミング教室をご紹介いたします。 竜之口学区(岡山市中区)で10年以上、「公文書写」を指導してこられた先生方が、新しく「プログラミ
  • HTMLを習わずJavaScriptに進んでもいいでしょうか?
    HTMLを習わずJavaScriptに進んでもいいでしょうか? 現在、こどもICT教育支援センターが提供しているカリキュラムには4つの言語コースが含まれています。Scratch、HTML/CSS、JavaScript、P
  • ニュースレター 第5号バックナンバー
    こどもICT教育支援センター ニュースレター 第5号(7月20日配信)バックナンバーをお届けします 第4号でお届けしたニュースレターの記事 ・愛知県春日井市に開講しました Smile ICTプログラミング教室 長野進吾
  • フランチャイズ加盟は「必要?不必要?」
    プログラミング教室の開業をご検討中の方に向けての特設ページを開設いたしました。 特設ページ『プログラミング教室開業 フランチャイズ加盟は必要?不必要?』 プログラミング教室の開業にあたって、高額な加盟金などを支払い、フラ
  • Scratchならどこまで教えたらいいでしょうか?
    Scratchならどこまで教えたらいいでしょうか? 現在講師研修4期生の授業が進行中です。今回ご参加されている先生たちは、プログラミング経験者が多いです。条件分岐や繰り返し、変数や配列などプログラミングの知識はすでに持っ
  • 教室ご紹介 Smile ICTプログラミング教室 様
    こどもICT教育支援センターのプログラミング教室開業支援サービスをご採用いただいた、プログラミング教室をご紹介いたします。 愛知県春日井市で22年の運営実績を誇るパソコンくらぶプリンセス内に「Smile ICTプログラミ
  • 夏休み中どのようなイベントを開催できますか?
    あと1ヶ月半で子どもたちは夏休みに入ります。そろそろ夏休みのイベントを考える時期になってきました。進学塾なら夏期講習が7月下旬から8月中旬まで続くことが多いのではないでしょうか。では、プログラミング教室はどのようなイベン
  • ニュースレター 第4号バックナンバー
    こどもICT教育支援センター ニュースレター 第4号(6月3日配信)バックナンバーをお届けします 第4号でお届けしたニュースレターの記事 ・福岡県北九州市に開講しました 霧ヶ丘のプログラミング教室 Pikari 竹杉先
  • プログラミング教室開業に向けての基礎知識
    プログラミング教室の開業をご検討中の方に向けての特設ページを開設いたしました。 特設ページ『プログラミング教室開業 これだけは知っておきたい27の常識』 当センターでは、月に2~3回のペースで『プログラミング教室開業研究
  • 教室ご紹介 霧ヶ丘のプログラミング教室 Pikari 様
    こどもICT教育支援センターのプログラミング教室開業支援サービスをご採用いただいた、プログラミング教室をご紹介いたします。 小倉北区霧ケ丘のプログラミング教室 Pikariと申します。当教室では、少人数完全個別指導指導、
  • 1ヶ月間の集中オンライン講義で何を学びますか?
    プログラミング講師になるには、プログラミングの知識を学ばなければなりません。こどもICT教育支援センターは自社で開発した「できるクラウド」を利用して1ヶ月間の集中オンライン講義を用意しております。講師とオンラインで対面し
  • ニュースレター 第3号バックナンバー
    こどもICT教育支援センター ニュースレター 第3号(5月13日配信)バックナンバーをお届けします 第3号でお届けしたニュースレターの記事 ・滋賀県大津市に開講しました アットスクール膳所教室 佐治先生 記事 ・教室経営
  • 教室ご紹介 アットスクール膳所教室 様
    こどもICT教育支援センターのプログラミング教室開業支援サービスをご採用いただいた、プログラミング教室をご紹介いたします。 もう既にブロックとロボットのキットを使ったプログラミング教室を運営しておられた塾長の佐治先生、『
  • プログラミングを学ぶ生徒にとって何が難しいでしょう?
    子どもたちがプログラミングを学ぶことは「横断型学び」です。プログラミング言語の文法だけを学べば良いのではなく、学校で学んだ国語、算数(数学)、英語、理科、社会などの知識を総合的に応用しながら、プログラミングを学ぶべきだと
プログラミング教室 開業研究セミナー
プログラミング教室 開業個別相談